未分類

APP(Anterior Pelvic Plane 解剖学的骨盤平面)が1°後傾するとカップ前方開角が約0.7°変化する

背景 最新のナビゲーション技術は、APP(Anterior Pelvic Plane)に対する寛骨臼カップの正確な位置決めを可能にする。骨盤傾斜の変化は、カップの空間的な角度に影響を与える。

方法 30人のボランティアを対象に、傾斜計と超音波位置測定システムを組み合わせて骨盤の傾きを測定した。骨盤の傾きに応じてX線写真で測定したカップの位置を計算する数学的アルゴリズムを開発した。

結果 安静時の平均骨盤傾斜は、仰臥位で-4°、立位で-8°であり、-27°から+3°の範囲であった。骨盤が1°傾くと、カップの前方開角は約0.7°変化する。